一番搾りビール試飲が無料!キリンビール横浜工場見学の口コミレポート!

デートにもピッタリ。キリンビールの横浜工場。

横浜観光とセットで楽しめる、キリンビール横浜工場。少し足を伸ばせば、みなとみらい、山下公園、中華街とたくさん楽しめます。デートや家族のレジャーにぴったり。

”見て、ふれて、味わって キリン一番搾りおいしさの秘密発見ツアー”80分の体験をご紹介します!

キリンビール横浜工場へのアクセス・見学・予約情報の詳細

ホームページ

キリンビール横浜工場

キリンビール横浜工場へのアクセス・開館時間・開館時間など

住所・アクセス 神奈川県横浜市鶴見区⽣⻨1-17-1(アクセス
開館時間 10時〜17時(休館日を除く)
見学詳細
  • 一番搾りおいしさの秘密発見ツアー
  • 自然のめぐみを感じるツアー
  • ファミリーツアー

【試飲できる飲み物】

  • キリン一番搾り生ビール
  • キリン一番搾り〈黒生〉
  • キリン 零ICHI(ゼロイチ)
  • (ノンアルコール・ビールテイスト飲料)
    <ソフトドリンク>
  • キリン 午後の紅茶 ストレートティー
  • キリン 生茶
  • キリン ファイア 挽きたて微糖
  • トロピカーナ 100%オレンジ
  • キリンレモン
料金 入場無料
所要時間 約80分
見学の申込み詳細 インターネット予約
駐車場 有(車で来場の肩はビールの試飲不可)

まずは予約!予約方法はネット&電話で

土日は満席が多いですがを見れば、意外と空いています。

こちらから予約します。キリンビール横浜工場予約

電話予約 045-503-8250  10時〜17時(休館日を除く)

キリンビール横浜のレポート

キリンビール横浜工場

かなり広大なキリンビール横浜工場。建物も立派で見ごたえあり!

キリンビール横浜工場

楽しいビールが出来上がる工程が見れる、工場見学と、オリジナルビールをバーチャルで作れたり、映像で楽しくビールについて学べるノミモノラボ。

キリンビール横浜工場

映像や写真でビールの歴史・製造が分かるノミモノラボの見学

見学開始までの待ち時間受付横のノミモノラボを見学します。

昔は生麦駅と新子安の間にキリンビール前という駅があったそうです。

1949年に廃駅になったそうです。過去、戦時体制中の1944年にビールが贅沢品であるとして駅名から除かれ、キリン駅と改称された歴史もあるそうです。生麦と京急新子安の間にあった、キリンビール前駅。

キリンビール横浜工場

歴代の一番搾りの缶のデザインを見ることができます。

キリンビール横浜工場

自分ごのみのビールを作る疑似体験もできますよ!苦味や香りなど、タブレットで選択し、自分ごのみのビールを作ることができます。


キリンビール横浜工場

パッケージの展示も!よく買う六缶パックの紙の技術が、この展示から垣間見ることができます。6缶パックや、箱も工夫されているんですね。2kgを超える重さをノリもテープも使わず、紙の形だけで支える技術です。
キリンビール横浜工場

ビールの原料である、麦芽について深く知る!

ビデオでの歴史を勉強したあと、麦芽とホップの説明コーナーへ。麦芽は、ビールを作るにあたり色味、うまみ、香り、そしてクリーミーな泡を作る役割があります。ホップは、苦味、香り、泡立ちを良くし、そして殺菌効果の役割があります。実際にホップと麦芽を手に取ることもできます。

キリンビール横浜工場

ホップの香りを体験することができます。ホップの実物を触って、香りを体験!

キリンビール横浜工場

プロジェクションマッピングで釜で麦汁を作る工程を体感!

一番搾り麦汁を作る、釜の見学です。釜を使って、ホップから麦汁ができる過程を知ることができますよ!

ガラス越しに仕込み釜で麦汁を作る工程の説明を聞きながら、見学ができます。

キリンビール横浜工場

キリンビール横浜工場

説明の途中、急に暗くなり、プロジェクションマッピングがスタート。
各窯の役割を説明しながら、窯の中を再現する映像が映し出されます。麦芽   を煮込んで(?)もろみを作り、麦汁を作るまでの工程が映像を交えて紹介されます。

ダイナミック!

続いて、一番搾りの特徴である、一番搾り製法について!

糖化→麦汁ろ過→煮沸→麦汁沈殿と釜の中で行われている麦汁を絞って加工する工程が説明されます。

一番搾りは、一番搾り麦汁のみを使ったビール。

麦汁の飲み比べ体験ができます。はじめにニ番絞り麦汁、続いて一番搾り。
二番絞りでも香りと甘味を堪能できますが、一番搾りはそれを上回り深みのある香りと甘味。砂糖を使っていないがみたらし団子のような香りと甘味を体験できました。天然の麦ジュースはとても美味しい。

一番搾り麦汁のみを使った一番搾りのおいしさの理由が分かります!

1週間酵母を加えて発酵させ、1、2か月間貯蔵します。

一番搾り特有の麦汁にホップを加え、酵母で発行させます。キリンビールでは、800種類ものビール酵母をストックされているそう。

工場内移動の最中、ビール造り体験教室前を通過。
1組2名様 : 10,000円で、ビールの勉強をしながら、実際に作り、6週間後自宅へ送られてきて楽しむことができます。エール、IPA、スタウト、アルト、ヴァイツェンなどの下面発酵ビール(発酵が終わると上に浮いてくるタイプの酵母を使用)、ピルスナー、ボヘミアンピルスナー、ボック、赤、黒などの上面発酵ビール(発酵が終わると下に沈むタイプの酵母を使用)などが選べるそう。

キリンビール横浜工場に併設するスプリングバレーブルワリー。工場見学の後、そのまま飲んだりお土産を買うことが可能な施設。ライブラリーも併設しているため、工場見学で教えていただいた歴史を復習することも可能です。

一番搾り生ビールが無料で試飲できる!

スタンダードな一番搾りだけではなく、一番搾り黒、今のシーズンにしか飲めない、とれたてホップの3種類をいただくことができました。一番搾りのおいしさの秘密を知った後、さらにできてての生ビールは格別です。

すべて無料なのが嬉しい!お子さんにはソフトドリンクが用意されていますよ!

関連記事

  1. オギノパン

    オギノパンの工場見学の口コミ!ツーリングやドライブの中継地点にも!

  2. アサヒビール北海道工場の工場見学口コミをレポート!