恵比寿のラグジュアリーな空間!エビスビール記念館の見学レポート

恵比寿ビール記念館。500円でビールの歴史と常識を覆すうまさの生ビールに出会える

こんなおいしい生ビール飲んだことない!と感動。おそらく日本一の生ビール。ここまで注ぎ方でビールのうまさが変わるのかと、常識を覆されます。

思わず、「おいしい~!!」と叫んでしまいました。

恵比寿ビール記念館は、恵比寿駅に行くなら、絶対立ち寄りたい場所。エビス駅から徒歩5分ほど、静かでゴージャスな空間、エビスビールの奥深い歴史、おいしいビール..

行かないなんて損!とっておきの穴場スポットです。

エビスビール記念館

ラグジュアリーな空間エビスビール記念館でビールを飲み比べ!エビスビール記念館の見学レポート

ホームページ

エビスビール記念館

アクセス

[交通案内]
〒150-8522 東京都渋谷区恵比寿4-20-1
恵比寿ガーデンプレイス内

工場見学の予約。

こちらから予約>エビスビール記念館

ひとり参加もOK!!

ひとり参加もOKです。ひとり参加の場合は電話予約となります。

こちらから電話予約:ヱビスビール記念館 03-5423-7255(11:00~19:00)

当日参加も可能。予約なしの場合、平日は空きがありますが、土日は予約しないと厳しいかも。

土日は、半月先程度なら空いているケースもあり。

入口、受付などに、参加可能予約なし、当日参加の場合は受付のそばの電光掲示版で残席が確認できます。

訪れた日は、平日でしたので、わりと空きがありました。

住所・営業時間・料金などについて

住所・アクセス 〒710-0906 岡山県倉敷市児島下の町5丁目2−70
開館時間 11:00~19:00 年末年始・月曜定休
見学詳細 エビスビールの記念、エビスビールの試飲
料金 入場無料

ビールが試飲できるエビスツアー

[料金/Price]大人 500円 中学生~20歳未満 300円

小学生以下 無料試飲2杯まで

11:10~17:10
毎時10分、40分にスタート

「外国語ツアー」として水曜日は英語、木曜日は韓国語で実施
(開催:12:40/15:40)

所要時間 40分間
見学の申込み詳細 60日前ー3日前まで予約
駐車場 なし

英語・中国語ツアーあり!

  • 英語ツアー  毎週水曜日 12:40~、15:40~ (1日2回)
  • 韓国語ツアー 毎週木曜日 12:40~、15:40~ (1日2回)

外人さん向けの英語ツアーもあり!
恵比寿ビール記念館

恵比寿駅からの行き方

エビスビール記念館ですが、少し分かりずらいので、①恵比寿駅から恵比寿ガーデンプレイスまで、②恵比寿ガーデンプレイスのどの場所なのか、行き方をご説明します。

恵比寿駅から、エビスガーデンプレイスまで

エビスビール記念館は、エビスガーデンプレイズ内にあります。JR恵比寿駅または、日比谷線の恵比寿駅がもよりです。

JR恵比寿駅の東口を出ます。(日比谷線から行く場合は、日比谷線恵比寿駅からJR恵比寿駅までつながる通路を通ります。)

エビスビール記念館の行き方

①恵比寿駅東口を出る→歩く歩道(スカイウォークをまっすぐ)→スカイウォークの終点をさらにまっすぐ→左側に進む

恵比寿ガーデンプレイス内の場所

エビスビール記念館の行き方

⑤アーケードが見えます→⑥アーケードのある大きな通りを(少し下り坂)をまっすぐ→⑦三越の中を通り抜けます。

恵比寿ビール記念館の入り口に到着!

エビスビール記念館の入り口

日比谷線から行く場合。エスカレータを道なりに進む。

日比谷線の改札を出ると、エビス像のある広場に出ます。写真のエスカレーターを上って道なりに進むと、JRエビス駅東口につながっています。

ヱビスビール工場の跡地。エビスガーデンプレイスにあるエビスビール記念館

恵比寿駅から徒歩5分ほど、恵比寿ガーデンプレイスにある、エビスビール記念館。大都会でエビスビールの歴史、ゴージャスな空間、おいしいビールの試飲が楽しめる素敵な空間。

記念館の見学だけなら無料、ビール2杯の試飲付きで500円。激安で楽しめるスポットですね!

エビスビール記念館の入り口。ラグジュアリーな空間で内装が豪華。 これから始まるビールの試飲が楽しみです。都会の中の静かでゴージャスな空間!他のビール工場の見学とは一線画します。

入口を入ると、金色のエビス様がお出迎え!

目の前に見える大きな銅釜は、実際に醸造所時代に利用されていたもの!

エビスビール記念館

カウンターで見学申し込み・支払いをして見学スタート!

 

見学ツアー参加者が見学開始まで休めるツアーラウンジ。
様々なエビス様の人形が飾ってあったり、麦芽を敷き詰めたお洒落なテーブルがあったり、心が安らぐ空間でした。

1890(明治23)年に「恵比寿ビール」という名で誕生したエビスビール。元々パネルが設置されているところに映像が重ね合わされ、当時の風景がカラーで写し出され、説明が始まりました。

明治時代、西洋文化が入ってきた日本。恵比寿に作られたエビスビール工場

1887年、サッポロビールの前身「日本麦酒醸造会社」設立。1890年にエビスビール発売。明治初期、明治政府が積極的に西洋文化を取り入れる政策を行い文明開化が起こりました。

ビールも「西洋文化」として日本人の間に浸透していきました。

一攫千金を狙おうと、ビール会社が乱立したのだそうです。その数はなんと150以上!最初のエビスビールの醸造所は、目黒区の三田に作られました。

日清戦争の好景気の影響で、エビスビールの売り上げは確実に伸び今の恵比寿の土地にエビスビール醸造場が立てられます。

こちらが初代のエビスビール!当時はコルクで栓をしていました。

”ビヤホール”の生みの親、東洋のビール王、馬越恭平

現在は、アサヒビール、サッポロビールは別会社ですが、”日本麦酒醸造会社”として一つの会社でした。社長をつとめたのは、三井物産に勤務していた、馬越恭平。

馬越恭平は、当時、ビールは庶民にとっては高級でしたが、誰でも気軽に楽しめる「ビヤホール」を日本で初めて作りました。

馬越恭平

当時のビヤホールを再現した模型です。

当時、ビヤホールで利用されていたビールジョッキは、ドイツから輸入されていたものに、シールを貼っていたのだそう。

エビスビール記念館

 

ビヤホールの最初のおつまみは大根スライス。(これは不評。)

その後、開発されたのが、塩ゆでエンドウ豆。

1900年、パリ万国博覧会で金賞を受賞!

1900年(明治33年)、エビスビールはパリ万国博覧会にて金賞を受賞。1904年(明治37年)には、セントルイズ万国博覧会で金賞を受賞。

明治明治当時の華やかなキャンペーンポスター。華やかな今で言う、キャンペーンガールでしょうか?今は水着+缶ビール(ジョッキ?)ですが、着物+ビン。

エビスビール博物館

庶民には高級品だったビール。第二次世界大戦中には、一時エビスビールは消滅

当時庶民には高値の花であったビール。一杯2銭のかけ蕎麦10杯分が当時のビール価格だったそうです。

時代によって瓶のデザインも変化!

エビスビール記念館

創業当初コルク栓だったビールは1912(明治45年)から王冠へと変更になりました。不便だったコルク代わり、王冠は容易に開栓できるためです。
本体の側面に21本の溝が刻まれているがこれは規格化されており、どのビールも同じ数の溝があるそうです。

第二次世界大戦戦時中、配給制となりますが、恵比寿ビールは物資不足もあり、一時消滅。ビールも配給制になり、ビール会社のブランド名は瓶から消えました。

こちらが当時配給制になったビール。

第三次世界大戦後、庶民の熱烈な要望により復活したエビスビール

きらびやかに着物を着た女性をモチーフとして、プレミアム感をアピールしているように見えますね。

ラグジュアリーな空間で恵比寿ビールの試飲。おつまみのえんどう豆もおいしい!

ブランドコミュニケーターの方からの説明が終わり、遂に念願のテイスティングへ!コミュニケーションステージへ移動し、いざテイスティング!!

カウンターで生ビールを注いで頂きます。

その場で生ビールを2種類いただくことができます。スタンダートなエビスビールと、新しく発売された、エールビール。おそらく、日本一おいしい生ビールです!!

思わず、「おいしい…!!」という感動の言葉が漏れます。

イケメンお兄さんに入れてもらうビールは倍おいしく感じますね。

エビスビール記念館

キンキンに冷えたエビスビール。注ぎ方でこんなに味が違うなんて!

カウンターで注いでいただいたビールには泡と液体の間にフロスティーミストと呼ばれる小さな泡の予備軍を見ることができます。これがあると泡が再生されるため、長く美味しい味を楽しめます。

フロスティーミストは、ビールの温度、清潔なグラス、注ぎ手の腕が3つ揃って現れるとても貴重なものなのでエビスビールを飲むときはぜひフロスティーミストが現れるお店で飲みましょう!

席に通されると塩えんどう豆のおつまみが。日本初のビヤホールとして始まったビヤホールがパッケージに印刷されています。当時の塩えんどう豆を再現した味だそうです。

カリカリしてビールにぴったりの塩えんどうまめ。売店でも販売されています。

試飲場のテーブルには、ビールの原料である麦芽とホップの見本がありました。
右から通常のエビスの麦芽、黒ビール用の麦芽、琥珀エビス用のクリスタル麦芽、シルクエビスに使われる小麦麦芽、そして苦味の素となるホップが飾ってあります。

ブランドコミュニケーターの方が実際の缶ビールとグラスを用いて、自宅での美味しいビールの注ぎ方の実演をしてくださいます。まずは高いところから勢い良くビールをグラス半分まで注ぎます。泡の位置の目安は7割ほどまで。

ビールを注いだら、ビールと泡が半分ずつになるまでゆっくり待ちます。苦味が程よく飛んで、クリーミーな味わいを感じることができます。てっぺんの泡はしっかりビールの風味が逃げないよに蓋をしてくれおり、少しくらい揺らしてもこぼれないくるいしっかりしてました。

次は泡が9割くらいまで注ぎ、最後にグラスの少し上のあたりから注いでコックさんの帽子のような形になったら完成です。苦味が程よく飛んで、クリーミーな味わいを感じることのできます。てっぺんの泡はしっかりビールの風味が逃げないよに蓋をしてくれおり、少しくらい揺らしてもこぼれないくるいしっかりしてました。

こちらも参加者がいただきました。人数が多い場合はじゃんけん!

エビスビール記念館

中ラッキーエビスという、エビスビールの雑学を教えて頂きました。

瓶ビール限定ですが、数百本に1本の確率でエビス様の籠の中にタイが入っているラッキーエビスと呼ばれるとても希少なラベルがあるそうです。瓶ビールをどこかで見かけた際にはぜひ探してみてください。

▲右の恵比寿様のかごには、鯛が入っています。これが、ラッキーエビス。

最後にエビスビールの各シリーズについてご紹介いただきました。飲んだことのないエビスのシリーズがたくさんあり、スーパーで見つけたらぜひ買おう思うくらい気になるビールばかり!

テイスティングサロンで限定エビスビール・飲み比べセットを楽しむ!

 

エビスビール記念館

エビス飲み比べセット・ビアカクテル・プレミアムエールの生など、ここでしか飲めないビールがたくさん!

プレミアムエビスビール・琥珀ビール・エビスブラック!!贅沢な飲み比べセット!(800円)

エビスビール記念館 テイスティングサロン

エビスビール記念館 飲み比べセット

ビールにぴったりのワンプレーとおつまみ。

エビスビール記念館

関連記事

  1. 地ビールがおいしい!岡山・酒工房 独歩館の酒蔵見学

  2. お土産付き!岡山和気ヤクルト工場の見学の口コミ